英会話スクールに関する選び方やポイントをご紹介。

語学に関する仕事.1

英会話スクールに通う理由として、「英語が役立つから」とか「外国の方とコミュニケーションを取りたい」とか、ただ単に「英語が喋れるとカッコいいから」などいろいろあると思います。そうやって英語を学んで、実際に外国の方と会話することで、もしかしたら「語学に関する仕事」に就きたいと思うようになるかもしれません。ここでは、そんな語学にちなんだ仕事をいくつかご紹介したいと思います。

・国際秘書

外資系企業で働く秘書が、国際秘書です。社長や重役などのスケジュールを調整したり、海外本社からのVIP対応、電話やメールでの連絡業務、書類作成、資料収集など、幅広くこなします。会議や商談の場で通訳的な業務を担当するケースもあるため、とても重要な職種と言えるでしょう。

必要なスキル

英検準1級レベル以上の英語力に加え、パソコンでの事務処理スキルが必要となります。資格は特に必要とされていないが、(社)日本秘書協会が主催するCBS(国際秘書)検定の合格者は、高い評価が得られます。

活かせる才能

社長や重役の代理として祝電や弔電を打ったり、会議や冠婚葬祭に出席することも多々あるようです。どんな場面でも通用する礼儀作法や、ビジネスマナーを身につけている人が国際秘書として求められるポイントです。

国際秘書に就くには

専門学校の秘書学科などで学び、秘書業務に必要な専門知識を身につけるといいでしょう。挑戦したい資格はCBS(国際秘書)検定。試験は1次のプライマリーとプライマリー合格者のみ受験可能な2次のファイナルの2段階になります。

就職先

就職先としては、外資系企業に秘書として就職する方法のほか、秘書アシスタントとして入社して経験を積み、正式な秘書に昇格する方法があります。派遣社員として働くのも手です。

・通 訳

「同時通訳」または「逐次通訳」を行い、外国人との意思疎通をサポートするのが通訳の仕事です。同時通訳は話を聞きながら同時進行で通訳を行い、逐次通訳は話をある程度聞いてからまとめて訳すことになります。企業間の取引など、ビジネスに関する通訳を行うビジネス通訳、国際会議を担当する会議通訳、テレビの二ヶ国語放送で通訳をする放送通訳など、さまざまな分野が存在します。

必要なスキル

語学力があることが必須条件です。英語なら英検1級、TOEIC(R)900点レベル以上の実力が欲しいところ。外国人との会話が堪能でも、プロの通訳になるには正確に言葉を聞き取るヒアリング能力や相手に的確に伝える表現力も必要になります。

活かせる才能

さまざまな人に接するので、通訳する内容も幅広くなります。専門分野の勉強が常に必要なので、向上心のある人向きです。その場その場で瞬時の判断力や集中力も求められ、プレッシャーをはね返せる、精神的な強さも不可欠な要素となります。

通訳に就くには

語学スクールで、通訳の技能を身につける方がいいでしょう。プロデビューを果たしたのちも、仕事の現場で実力を養いながら、レベルアップのためにスクールの上級コースで勉強を続ける人も少なくありません。

就職先

企業の社内通訳者や派遣社員として働くほか、通訳エージェントに登録し、フリーランスの形で仕事を受けるという方法もあります。得意ジャンルをもち、同時通訳がこなせるレベルになると大きな強みになります。

注目サイト

サンワード貿易
http://www.mkt-s.com/category/mkt-s-blog/bloger_n/sanword/

2017/2/14 更新

Copyright (C) 2008 英会話スクールレッスン All Rights Reserved.